ダイビングスポット

沖縄の人気のダイビングスポット、「青の洞窟」で魚達と泳いで、「青の洞窟の神秘」を感じられます。

澄み切った沖縄の美しい海と、岬の先端の岩場から差し込む自然の太陽光線が織りなす光と色彩の神秘の世界、それが「青の洞窟の神秘」です。「青の洞窟」は、沖縄県の中部の恩納村の真栄田岬にあります。

「青の洞窟」は、波の浸食によってできた海蝕洞窟と言われるもので、海に面した崖の半没した入り口から差し込む太陽光線が、海底から反射して、海面を通じて、洞窟内部を青く幻想的・神秘的にライトアップすることからそういう名前がつきました。「青の洞窟」の内部は、奥行きが35メートルほどあり、水深は約6メートルほどあります。洞窟へは、体験ダイビングやシュノーケリングツアーで入ることができます。洞窟の中では、クマノミ、オトヒメエビ、アカマツカサなどの南海の珍しい魚が出迎えてくれます。「青の洞窟の神秘」の世界は、太陽の出ている時間帯に見られますが、朝・昼・夕方とそれぞれ表情を変えて楽しむことができます。

「青の洞窟の神秘」を最も感じることのできる時間帯は、朝方から午前中がよいとされています。大自然の創り出した表情豊かな神秘の世界が「青の洞窟」です。輝く海中を泳ぐ熱帯魚達との出会い、泳げない人でも、沖縄のキレイな海で簡単にシュノーケリングを楽しめます。「青の洞窟」は、沖縄の絶好のダイビングスポットのひとつです。